本文ここから

旧西東京市民会館の解体工事について

ページ番号 360-640-362

最終更新日 2022年9月30日

現況(令和4年9月時点)

 令和4年9月までを予定していた工期について、日曜祝日含め令和4年10月11日(火曜日)までと変更いたします。
 建物解体は完了いたしましたが、周囲外構施設除去や敷地内整地の一部作業について、完了できない見込みとなったことによるものです。
  一部作業において、騒音・振動・粉じんが想定されます。また、工事関係車両の通行も発生します。安全には十分配慮し、作業を行ってまいります。
 ご心配とご迷惑をおかけして重ね重ね誠に申し訳ございませんが、引き続きご理解とご協力をお願いします。

現況(令和4年8月時点)

  • 工程の変更について

 令和4年8月までを予定していた建物地下部解体について、令和4年9月中旬までと変更いたします。
 なお、全体の工事期間が令和4年9月までであることに変更はありません。

  • 休日・作業時間外での作業について

 次の期間の日曜及び祝日・作業時間外に実施可能な作業を行う場合があります。
 その際は、現地工程表に掲示します。
  期間:令和4年8月24日(水曜日)から令和4年9月30日 (金曜日)まで
  作業時間外:午後6時まで(通常作業時間は午後5時まで)

 ご心配とご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、引き続きご理解とご協力をお願いします。

現況(令和4年4月時点)

 アスベスト含有建材の除去が全て完了し、建物地上部躯体の解体に取り掛かっています。
 なお、アスベスト含有建材は、旧西東京市民会館の建設当時、広く一般的に使用されていましたが、現在では適切に処理する必要があります。
 今回のアスベスト含有建材の除去では、東京都多摩環境事務所と三鷹労働基準監督署に届出を行い、確認を受けた上で、外部から隔離養生のもと実施しました。
 作業前と作業後でアスベスト濃度を測定し、外部に飛散していないことも確認し、除去は全て完了しました。
 解体工事の期間中は、ご心配とご迷惑をおかけしますが、引き続きご理解とご協力をお願いします。

 建物が老朽化した旧西東京市民会館の解体工事が、令和3年度から令和4年度にかけて行われています。解体工事の期間中はご迷惑をお掛けしますが、安全を第一に進めてまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。
 

工事期間

 令和3年10月から令和4年10月11日まで
※令和4年3月に、工程全体の見直しを行った結果、工事期間を約2か月間延長(令和4年7月までを9月までに変更)しました。
※令和4年9月に、一部作業の遅れのため、工事期間を約1週間延長(令和4年9月までを10月11日までに変更)しました。

工事工程(予定)

期間 工事内容
令和3年10月~令和4年1月 内装材撤去
令和3年10月~令和4年4月上旬 アスベスト含有建材除去
令和4年4月中旬~5月 建物地上部躯体解体
令和4年6月~9月中旬 建物地下部解体
令和4年9月下旬~10月11日 周囲外構施設除去、敷地内整地

お問い合わせ

このページは、文化振興課が担当しています。

田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号

電話:042-420-2817

ファクス:042-420-2893

お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで