このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

今後の社会教育行政の運営体制について(提言)(社会教育委員の会議 平成26年12月) 

ページ番号 417-740-580

最終更新日 2015年2月3日

社会教育委員の会議:平成26年12月提言

目次

はじめに
1 今後の社会教育行政に求められるもの
 循環型地域学習社会の構築に向け、教育行政が果たす役割
2 今後の施策の方向
・現状と課題

  1. 生涯学習情報の収集・提供について
  2. 社会教育活動団体への支援について
  3. 公民館、図書の学習支援について
  4. 地域生涯学習事業について

・今後取り組むべき施策の方向

  1. 生涯学習情報の整備
    市民一人ひとりの生涯学習を支援する
  2. 学習活動を支える人的支援
    学習支援を 通して人と繋ぐ
  3. 学習成果を生かした活動の促進
    地域での協働関係を創造する

3 今後の社会教育行政運営体制について

  1. 生涯学習推進に係る「部」「課」の設置
  2. 生涯学習推進担当の設置と専門職員の配置
  3. 文化財担当課の設置および学芸員の配置

おわりに                                          

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、社会教育課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4079 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

教育

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ