このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

住宅設備改善費の給付

ページ番号 844-121-742

最終更新日 2019年4月15日

 在宅の重度身体障害者(児)の方に対し、日常生活を容易にするため、次の種目の住宅設備改善費を給付します。中規模改修は、日常生活用具給付種目の小規模改修の給付を受けてなお足りない部分の改修又は小規模改修の対象とならない内容の改修となります。ただし、介護保険対象の方は、介護保険の制度を利用した上で、その対象にならない内容につき、当制度の対象になります。
 いずれも、利用者の属する世帯の課税状況による制限、負担上限月額があります。

対象者

 学齢児以上65歳未満で、身体障害者手帳を所持する方で下肢又は体幹機能障害が1級・2級の方、及び補装具として車いすの交付を受けた内部障害者

種目

中規模改修

給付の上限額

64万1,000円

窓口

障害福祉課(電話:042-438-4033)

対象者

 学齢児以上で、身体障害者手帳を所持する方で上肢、下肢又は体幹機能障害を有し、歩行ができない状態で、かつ障害の程度が1級の方及び補装具として車いすの交付を受けた内部障害者

種目

屋内移動設備(機器本体)

給付の上限額

97万9,000円

種目

屋内移動設備(設備費)

給付の上限額

35万3,000円

窓口

障害福祉課(電話:042-438-4034)

お問い合わせ

このページは、障害福祉課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4033 ファクス:042-423-4321
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ