このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

東日本大震災による避難者に対する水道料金・下水道料金の減免期間の延長について

ページ番号 802-826-504

最終更新日 2017年4月7日

 東日本大震災による避難者の方で、西東京市内に避難し居住している方および避難者の方が同居している世帯を対象に、下記のとおり、水道料金と下水道料金の減免期間の延長を行います。

減免期間の延長
現行 平成29年3月31日まで
延長後 平成30年3月31日まで

※既に減免を適用されている方の再申請手続きは不要です。

お問い合わせ先

東京都水道局多摩お客さまセンター(電話:0570-091-101)
※ナビダイヤルをご利用できない場合 (電話:042-548-5110) 

減免の概要

1 対象者

東日本大震災により居住継続が困難となった被災者および福島第一・第二原子力発電所の周辺において、国から避難指示等が出された地域等からの避難者について、避難者等が給水契約者である場合は本人、親族等の住居に入居している場合は当該住宅の給水契約者を対象とします。
※水道料金については都営水道の給水区域の居住者
※下水道料金については市内の居住者

2 減免内容

・水道料金
基本料金および、1月当たりの使用水量10立方メートルまでの分に係る従量料金の合計額に100分の108を乗じた額を減免します。
・下水道料金
下水道使用料の基本料金(1月当たり8立方メートルまで)に100分の108を乗じた額を減免します。
 

3 適用期間

水道(下水道)を使用開始した日の属する月分から平成30年3月31日まで
(平成23年3月11日以降、対象要件が発生した時期に遡及して適用)

4 申請手続きについて

(1)都営住宅等東京都があっせんした住宅に入居する避難者
・申請書等の提出は不要です。

(2)そのほかの住宅に入居する避難者
申請方法
・全国避難者情報システムに登録している避難者については、東京都より避難先住所に申請書等を郵送されますので、記入のうえ必要書類と合わせて返送してください。
・東久留米サービスステーション窓口(東久留米市滝山六丁目1番1号)でも申請を受け付けます。
申請に必要な書類
・減免申請書
・り災証明書または被災証明書(写し可)
※提出が困難な場合は、被災時の住所が分かる書類(運転免許書、保険証等)の写しでも可。なお、申請時に証明書等の提出が困難な方やご不明な点がある場合は、東京都水道局多摩お客さまセンターまでお問い合わせください。

関連リンク

お問い合わせ

このページは、下水道課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4058 ファクス:042-438-2022
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ