このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

スマートフォン用アプリ「VR下野谷縄文ミュージアム」

ページ番号 451-602-803

最終更新日 2017年4月24日

VR(バーチャル・リアリティ)で下野谷遺跡を大冒険

VR下野谷縄文ミュージアムとは

西東京市東伏見に所在する縄文時代中期の大集落跡「下野谷遺跡」は、南関東で最大級の規模を誇り、2015年3月には一部が国史跡として指定された貴重な文化遺産です。「VR下野谷縄文ミュージアム」は、この「下野谷遺跡」の価値と魅力をわかりやすく伝えるため、3DCGなどで縄文時代の様子を再現したデジタルコンテンツです。縄文時代のムラの中にいるようなVR映像や、当時のくらしの解説・クイズなど、下野谷遺跡や縄文時代について楽しみながら知っていただくことができます。
4月24日(月曜日)から、この「VR下野谷縄文ミュージアム」のスマートフォン用アプリの無料配信を開始します(通信費はかかります)。
下野谷遺跡公園に行って、実際の地形や足元に眠っている遺跡を感じながら、縄文時代をバーチャル体験してみませんか。

所在地 西東京市東伏見六丁目4番

アプリの概要

下野谷ムービー

「下野谷遺跡とは何か?」を丁寧にひもといた約12分間のガイダンス映像です。
下野谷遺跡のキャラクター「したのやムラ」の「しーた」と「のーや」が案内役となり、下野谷遺跡の場所などの基本事項をはじめとして、縄文時代の概要や縄文人の生活の様子などを紹介しており、過去から現在、そして未来へのつながりを感じることができる内容です。
また、アプリダウンロード用サイト「新規ウインドウで開きます。下野谷縄文ゲート(外部リンク)」では、アプリをダウンロードしなくても、約4分間のダイジェスト版が視聴できます。

縄文バーチャル体験(下野谷遺跡公園の現地で楽しむコンテンツ)

1.空からみた「したのやムラ」(VRジャンプ・鳥瞰図)
地上から約50メートルの高さにジャンプしたかのように、「したのやムラ」や周囲に広がる森の様子などがパノラマで見渡せます。
2.ムラの生活(したのやムラ・竪穴住居内パノラマビュー)
縄文時代のしたのやムラの光景と、竪穴住居の中の生活を360度パノラマの状態で見ることができます。
3.森のめぐみ(狩猟と採集の様子)
縄文時代に周囲の森で行われていた狩猟と採集の様子をCGムービーで見ることができます。
4.川をつかった交易(交易の様子)
石神井川を利用し、別のムラから丸木舟で戻ってきた様子をCGムービーで見ることができます。
5.その他のコンテンツ
上記2から4には、それぞれのテーマに関する解説やクイズ、出土遺物のCG映像などがあります。

アプリ利用の流れ

1.お手持ちのスマートフォンに、アプリをダウンロードし、インストールする。

アプリダウンロード用サイト「新規ウインドウで開きます。下野谷縄文ゲート(外部リンク)」にアクセスし、App Store又はGoogle Playでアプリをダウンロードします。なお、本アプリは無料配布アプリですが、通信料はかかります。また、下野谷遺跡公園には、無料Wi-Fiなどの設備はありません。

2.下野谷遺跡公園に行き、アプリを使用する(チェックイン)。

アプリ内の「縄文バーチャル探索」は、最初に下野谷遺跡公園の現地でアプリを使用するまで、動作しません。
下野谷遺跡公園内で「縄文バーチャル探索」を使用すると、画面上に下野谷遺跡公園内の地図と現在地とが表示されます。VRポイントに近づくと自動でコンテンツが起動します。また、一度、下野谷遺跡公園内でアプリを使用することにより、チェックインが行われ、画面上のマークがボタンとして使用できるようになります。

対応OS

iOS 8.0以降、Android 5.0以降
(※全ての端末での動作を保証するものではありません。)


注記1)下野谷遺跡公園で使用する際には、位置情報機能をオンにしてください。
注記2)下野谷遺跡公園内でアプリを使用すると、VRや解説、クイズなど、個々のコンテンツデータをダウンロードします。一度ダウンロードしたコンテンツは、次に使用する際にはダウンロードは行わなくても使用できます。
注記3)コンテンツ内のパノラマビューは、磁力の影響を受けると正常に動作しないことがあります。スマートフォンカバーなどに磁石がある場合は、カバーを外してご使用ください。
注記4)アプリ内の下野谷ムービー(約12分間のガイダンス映像)については、下野谷遺跡公園に行かなくても視聴が可能です。

3.チェックイン完了後は、ご自宅などでもアプリの使用及び個別コンテンツのダウンロードが可能になります。

アプリのダウンロード

アプリダウンロード用サイト「新規ウインドウで開きます。下野谷縄文ゲート(外部リンク)」から、App Store、Google Playでアプリをダウンロードすることができます。
「下野谷縄文ゲート」では、アプリをダウンロードしなくても「下野谷ムービー」のダイジェスト版(約4分間)が視聴できます。

VR下野谷縄文ミュージアムの利用マニュアル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、社会教育課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4079 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ