このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

亡くなった動物について

ページ番号 345-640-611

最終更新日 2008年4月1日

亡くなった動物について、お問い合わせが多数ありますので、ご案内します。

質問

飼っていたペットが亡くなったのですが、どのようにすればいいですか?

お答えします

申し訳ありませんが、市ではお引き取りいたしかねます。
動物霊園さんとご相談いただくか、埋葬してあげるか、いずれにせよ最後まで飼主さんの手で送ってあげてください。

質問

交通事故にあった動物がいるのですが、どうしたらいいでしょう?

お答えします

まだ息がある場合は、都の動物愛護センター(電話:042-581-7435)にご連絡ください。
既に亡くなっており、犬、猫、タヌキなど、ある程度大きな動物であれば、市で片付けに参ります。
小鳥など、小さな生き物でしたら、よろしければ、近くに埋めてあげるか、可燃ごみとしてだしてください。

質問

冬場に、野鳥や飼っている鳥が、多数死んでいるのを見つけたのですが・・・。

お答えします

冬場であれば、鳥インフルエンザである恐れがあります。
・都内農家の相談窓口(家畜保健衛生所)
 電話:042-524-8001
 夜間電話:090-6941-4315(17時から翌朝9時)
・鶏、あひる、うずら、七面鳥の相談(産業労働局農林水産部農業振興課)
 電話:03-5320-4845
・ペットの鳥について(都東動物愛護センター)
 電話:03-3302-3567
・野鳥について(多摩環境事務所自然環境課)
 電話:042-521-2948
・鶏肉や卵など食品について、または感染が心配される自覚症状がある方(多摩小平保健所)
 電話:042-450-3111
・中小企業の相談窓口
 産業労働局商工部金融課 電話:03-5320-4877
 東京信用保証協会    電話:03-3272-3151

質問

飼っていたペットが行方不明になったのですが、市でわかりませんか?

お答えします

市で回収するのは、亡くなっている場合です。
特徴等を把握できないこともありますので、ご容赦ください。
市で回収した動物の亡骸は、いったん柳泉園組合で預かってから動物霊園に送られ、供養されます。
また、生きている場合は、都の動物愛護センター(電話:042-581-7435)で保護されている可能性がありますので、お問い合わせください。

お問い合わせ

このページは、ごみ減量推進課が担当しています。
エコプラザ西東京 〒202-0011 西東京市泉町三丁目12番35号
電話:042-438-4043 ファクス:042-421-5410
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ