このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

西東京市のお盆について

ページ番号 836-210-410

最終更新日 2011年7月28日

 祖霊や死者の霊を迎える行事とされるお盆について、西東京市(田無・保谷)ではいつ・どのように行っているかというお問い合わせに、図書館が所蔵している、合併前の田無市と保谷市それぞれの関連資料からお答えします

質問

西東京市では、おぼんはいつ・どのように行われていますか

お答えします

 田無たなしのお盆は、「勝手盆かってぼん」といって、7月30日から8月1日までとなっています。新暦しんれきの盆も旧暦きゅうれきの盆も養蚕ようさんで忙しい農家が、やっと休みを取れるこの時期をお盆にしました。
第二次世界大戦後、1日ずらして7月31日から8月2日までとした地区もあります。
 かつては松明たいまつを作りお墓までお盆様ぼんさまを迎えに行きましたが、その後むかはお線香せんこうを持って家の近くまで迎えに行き、送るときも同じようにしています。 「盆の迎えは早く、送りは遅く」ということで、キュウリの馬で早く迎え、ナスの牛でゆっくり送るように、キュウリとナスでかざりを作るしきたりは、地域を問わず共通しています。
 迎えたれい供養くようするため仏壇ぶつだんとは別に盆棚ぼんだなを作ります。ささを4本立てて棚を作り、ちがやんだなわをめぐらしホーズキやカキ、クリなどをぶら下げました。仏壇から位牌いはい仏具ぶつぐをその棚に移し、施餓鬼せがきにお寺から受けた先祖せんぞまつったじくつるるしました。白いご飯やおかずに麻幹おからはしなどもそなえました。この3日間、お寺(総持寺そうじじ)の住職じゅうしょくは他のお寺からも人を頼んで各檀家だんかを回り棚経たなぎょうをあげます。田無の盆踊ぼんおどりは周辺地域では最も早く昭和初期頃、総持寺の住職が子どもたちを集めて教えたことが起源きげんともいわれます。
 お盆という行事の形式や日にちも変化して、7月、8月の15日を中心に行う家庭も見られますが、総持寺の盆踊りは昔ながらのお盆の風物詩ふうぶつしとなっています。

 保谷ほうやのお盆は地域やチョウバ(村を構成こうせいする小集落しゅうらく)によって様々さまざまに変化してきました。その理由は田無と同様に、養蚕と畑作物はたさくもつ大根だいこんむぎの生産時期やお寺の都合と思われます。
 上保谷かみほうやでは、ほとんどが7月13日から15日に行われ、下保谷しもほうやではかなり古くから8月13日から15日に行っていた家が多いといわれています。8月1日や9月1日を中心とした朔日盆ついたちぼんが行われた時期もありましたが、かいこ暴落ぼうらくで養蚕をやめたり、第二次世界大戦を境に東京の盆(7月盆)に変える気運きうんが起こるなどしてしだいに変わりました。
 盆棚は仏壇のある部屋に4本の真竹まだけ孟宗竹もうそうだけを南向きに立てて、位牌などを置くために四斗樽よんとだる二つをせてたたみだい戸板といたき、周りには茅の縄をめぐらしました。四方に掛軸かけじくをかけ、陸稲おかぼ里芋さといも、ホーズキ、とうもろこしや果物をるしたり供えたりしました。仏の供養くようはまんじゅう、うどん、米飯が朝昼晩と供えられました。
 また、無縁仏むえんぼとけを祀るための供物を盆棚の下に供えました。これは、田無も同様です。
 お盆の期間中、僧侶そうりょは檀家の家々を廻りますが、新盆にいぼんから3〜5年までは毎年、少し古い場合は1年おき、2〜3年に1回でした。


参考資料(図書館所蔵)
「田無市史 第4巻 民俗編」
「田無のむかし話 その1」
「保谷市史通史編 4 民俗」他

中央図書館2階「地域・行政資料室」をご利用ください

 地域・行政資料室は西東京市に関する歴史資料や行政資料のほか、多摩地域の市町村、東京都および23区が刊行した資料、区市町村史等も収集整備しています。

図書館の「レファレンスサービス」をご利用ください

 レファレンスサービスは、市民の皆様の調査・研究を支援するサービスです。どうぞお気軽にご利用ください。
Webレファレンスサービス
 ホームページからメールでレファレンスの申し込みができる「Webレファレンスサービス」を平成22年4月1日より実施しています。直接来館しなくても、どこからでも、いつでも、質問ができ便利です。  
レファレンス検索
 調べたい事柄についてキーワードを入れて検索してみてください。過去に回答した事例がヒットし、参考になります。回答に使用した資料をクリックすると詳しい情報を見ることができ、すぐに予約することができます。  
最近の質問からご紹介
 西東京市図書館で受付し、実際に回答した質問の中から一部を選んでご紹介しています。こんな質問しても大丈夫?他の人はどんな質問をしているの?などの参考になりますのでぜひ一度ご覧になってください。

お問い合わせ

このページは、図書館が担当しています。
中央図書館 〒188-0012 西東京市南町五丁目6番11号
電話:042-465-0823 ファクス:042-463-9150
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ