このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

在宅療養の推進

 いわゆる団塊の世代が全て75歳以上となる2025年に向けて、医療と介護の両方を必要とする高齢者が急増することが予想されています。
 これに対し、市の調査では西東京市内の高齢者の約3分の1が、病気などで長期の療養が必要となったときに自宅で療養したいと考えています。
 このため、病院や施設ではなく、住み慣れた「自宅」で過ごすこと、つまり「在宅療養」を、一つの選択肢として選ぶことができるように、必要な支援を行うことが求められています。
 そこで、西東京市では在宅療養を進めるために、以下のような事業に取り組んでいます。
 詳しくはそれぞれのページをご覧ください。

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ