このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

西東京市浸水ハザードマップ(浸水予想区域図)

ページ番号 406-267-474

最終更新日 2020年9月11日

 西東京市浸水ハザードマップ(浸水予想区域図)は、東京都作成の「石神井川及び白子川流域浸水予想区域図(令和元年5月改定)」、「黒目川、落合川、柳瀬川、空堀川及び奈良橋川流域浸水予想区域図(令和元年12月改定)」を基に西東京市に関してまとめたもので、国が定める基準(平成27年7月17日国土交通省告示)における関東地域の値(総雨量690ミリメートル、時間最大雨量153ミリメートル)が「西東京市域」に降った場合を想定し作成しました。
 地図面には、浸水区域や浸水深、指定緊急避難場所を掲載し、裏面には警戒レベルや非常時の備えなどの風水害に備えるために必要な情報を掲載しています。ハザードマップでは、予想される浸水の区域と浸水深を示していますが、浸水の予想される区域やその程度は、雨の降り方や土地の形態の変化、河川や下水道の整備状況などにより変化することがありますのでご注意ください。
 このハザードマップをご覧いただき、近年各地で発生している風水害への備えや、避難等の対策を講じたり、自宅や周辺地域の浸水予想区域等を確認し、風水害による被害を低減できるよう有効にご活用ください。
 
 

西東京市浸水ハザードマップ

浸水予想区域図

※詳しい内容についてはPDFファイルでご覧いただけます。

 国が定める基準(平成27年7月17日国土交通省告示)における関東地域の値が「西東京市域」に降った場合を想定したシミュレーションにより、予想浸水区域と浸水深を示しています。

 なお、「西東京市浸水ハザードマップ」につきましては、河川が氾濫することで浸水被害が発生する外水氾濫と、下水道の排水能力等を超える大雨が降ることで浸水被害が発生する内水氾濫の両方を表示しています。また、西東京市には高潮による浸水想定区域は存在しません。

石神井川及び白子川流域浸水予想区域図の改訂

 令和元年5月23日に東京都より新たな想定での浸水予想区域図が公表されました。詳細については下記東京都ホームページをご確認ください。

非常時に備えるために・避難するタイミングと注意(西東京市浸水ハザードマップ裏面)

 風水害が発生する前に準備しておくべき備えや、警戒レベルと取るべき行動、災害発生時に必要な知識、外国人の方向けに、英語・中国語・韓国語で記載した情報などをまとめたpdfファイルを掲載しています。

ハザードマップ配布場所

 次の各窓口で無料配布しています。(配布開始日 令和2年1月23日 木曜日) 

  • 市民相談室(田無庁舎2階)
  • 情報公開コーナー(田無庁舎5階)
  • まちづくり部建築指導課(保谷東分庁舎2階)
  • 都市基盤部下水道課(保谷東分庁舎1階)
  • 総務部危機管理課(防災・保谷保健福祉総合センター5階)
  • ひばりヶ丘駅前出張所
  • 柳橋出張所
  • 各図書館

浸水履歴に関するお問い合わせについて

 浸水履歴に関する問い合わせは、危機管理課窓口(防災・保谷保健総合センター5階 西東京市中町一丁目5番1号)及び電話(電話:042-438-4010)にて受け付けております。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、危機管理課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号 防災センター5階
電話:042-438-4010 ファクス:042-438-2820
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ