このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

工事請負契約における現場代理人の常駐義務緩和について

ページ番号 367-093-100

最終更新日 2016年6月1日

 建設業者における施工体制の合理化を行い、受注機会の拡大を図るため、西東京市の工事請負契約約款に定める現場代理人の常駐義務について、他の工事の現場代理人と兼務できるよう、緩和措置に関する基準を定めました。

概要

 次の要件を満たす場合には、2件の工事まで現場代理人を兼務することができます。
 詳しくは、下記の「西東京市工事請負契約における現場代理人常駐義務の緩和措置に関する基準」をご覧ください。

  1. 西東京市発注の工事であること。
  2. 兼務に係る双方の工事の契約金額が3,500万円未満であること。

※平成28年6月1日より現場代理人を兼任することのできる工事請負契約の金額を引き上げました。

提出書類等

 現場代理人の兼務を希望する場合は、落札決定後、「現場代理人兼務届」を総務部契約課に提出してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、契約課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9816 ファクス:042-466-0966
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ