このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

食育からのまちづくり

 従来、「食」に関する知識は、特別な教育を要さず、日常的な生活や食事の中で習得していくものでした。
 しかしながら、社会情勢の変化によって、食に関心をもつ機会や知識を習得する機会は乏しくなる一方、食生活の変化による肥満や生活習慣病が増加するなど、心身への影響には看過しがたい実態があります。
 加えて、食の安全上の問題や海外への依存の問題が生じており、一人一人が自ら食のあり方を学ぶことが求められるようになってきました。

 食は、市民一人一人の生活を営む上での基礎ともいえます。
 市は、市民に最も身近な基礎的自治体として、この間の食に関する状況の変化を踏まえ、食育に関する検討、食育を推進する事業を実施しています。

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ