このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

ざつがみばっく(雑紙収納袋)を利用した片付け方法

ページ番号 821-148-544

【雑紙リサイクル】活かせる資源がそこにあります

 雑紙(古紙)を焼却せずリサイクルすることで、天然資源の森林保護、地球温暖化の要因でもある温室効果ガスの削減、最終処分場の延命につながります。また、可燃ごみに多く含まれている雑紙を資源物として分別することで、より小さく料金の安い指定収集袋にすることができます。
 可燃ごみに混入していた雑紙を、不要になった時に片付けやすくするには、紙袋を常備すると便利です。紙袋を利用すれば収集日当日にそのまま出すことができます。
 紙袋がない場合には、新聞紙を利用して「ざつがみばっく(雑紙収納袋)」を作ってみませんか?

ざつがみばっく(雑誌収納袋)の作り方

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、ごみ減量推進課が担当しています。
エコプラザ西東京 〒202-0011 西東京市泉町三丁目12番35号
電話:042-438-4043 ファクス:042-421-5410
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ