このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)

ページ番号 156-500-393

最終更新日 2012年7月9日

届出概要

届出期間

離婚後3か月以内(離婚届と同時も可)

※離婚後3か月を経過すると、この離婚の際に称していた氏を称する届はすることができず、家庭裁判所の許可を得て氏の変更届(戸籍法107条1項)をすることになります。

※離婚の際に称していた氏を称する届をした後、婚姻前の氏に戻りたい場合も、家庭裁判所の許可を得て氏の変更届(戸籍法107条1項)をすることになります。

届出地

届出人の本籍地、または所在地のうちいずれかの市区町村役場

届出人

離婚により婚姻前の氏にもどる方

※届出人とは離婚の際に称していた氏を称する届の署名欄に署名押印する方です。

必要なもの

  • 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届) 1通
  • 戸籍謄本 1通(離婚届と同時に提出あるいは本籍地が届出地の場合は不要)
  • 印鑑(署名欄に押印したもの。離婚の際に称していた氏を称する届の訂正に必要な場合があります。)

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、市民課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9820 ファクス:042-463-9585
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ