このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年度 広島平和の旅

ページ番号 159-960-778

最終更新日 2014年8月26日

 8月5日及び6日に被爆地である広島を訪れる「広島平和の旅」に4人の市民の方々が参加しました。「広島平和の旅」では、原爆ドーム、平和記念資料館などの見学や、6日に行われる平和記念式典に参列して原爆の恐ろしさや平和の大切さを学びました。
 8月23日には、西東京市民会館で「広島平和の旅」の報告会を行い、参加者が広島で感じてきたことなどを市民のみなさんへ報告しました。報告会終了後は「夏休み平和映画会」として映画「一枚のハガキ」が上映されました。

写真:原爆ドーム

原爆ドーム

被爆体験者による講話

写真:被爆体験者による講話

 被爆体験者の方々から、お話を伺いました。
 この講話では、かろうじて生き残った人たちにも心と体に大きな痛手を受け今なお苦しんでいる人たちがいること。そして被爆によって差別や偏見に苦しめられた人たちのことなど、資料館などでは伝えきれないお話を聞くことができました。

平和記念式典

写真:平和記念式典

 2日目の6日は、平和記念公園で行われる平和記念式典に参列し、原爆犠牲者の御霊に哀悼の誠を捧げるとともに、核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現を願いました。

「広島平和の旅」報告会

写真:報告会の様子

 夏休み平和映画会の映画上映前に、「広島平和の旅」に参加した方々が報告会を行いました。
 原爆の恐ろしさや戦争の悲惨さ、平和の大切さなど、被爆地広島で学んだこと、感じた事などをそれぞれに報告しました。
 この報告会と映画会に来場した多くの方々は、核兵器の無い社会の必要性や平和の大切さを再認識したようでした。

「広島平和の旅」の詳細については報告集をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4046 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ