このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

あなたのたばこのマナー今一度ご確認を

ページ番号 305-125-263

最終更新日 2019年3月4日

たばこのマナーにご配慮いただきありがとうございます

駅など公共施設に設置された喫煙場所で喫煙されている方等をみると、喫煙されない方へご配慮いただいていることがわかります。

ところが、公共施設等を離れると、人通りの多い場所で歩きながらたばこを吸う人とすれ違っていく、そのような光景が多々みられるのも現状です。喫煙者なりに気を使っていただいていることはとてもわかるのですが、喫煙を禁止されている場所以外は喫煙場所ということではありません。今一度、たばこの害をお考えいただき、吸わない方へご配慮をお願いしたいと思います。

もう一歩上のマナーにご協力ください

特に求められるのは明確なルールのないあなたの身近な生活圏でのたばこのマナーです。
たばこの煙はあなたが思う以上に周りに広がっています。今一度、たばこの吸い方にご配慮をお願いします。

歩きたばこはやめましょう

・小さいお子さんなどは目の高さに火のついたたばこがあり、とても危険です。
・たばこを吸わない方が吸っている方のそばを通ると煙を吸い込みのどが痛くなります。
※ 特にご留意ください。 路上喫煙防止地区

人通りの多い場所での喫煙はやめましょう

・病気をお持ちの方の場合、喘息など病気の種類によっては発作を起こしやすくなるなど、すぐに影響が出る場合があります。

おうちでの喫煙場所を見直しましょう

・ベランダ等、家の外での喫煙は、煙がご近所に流れている場合があります。
たばこの煙はすぐに消えるわけではありません。煙の流れによってはご近所のベランダまで届いて、洗濯物にたばこの臭いがつくこともあります。(一度ついた臭いはしばらく残ります)
・換気扇の出口の近くにお隣の窓やベランダ等に近くありませんか?ご近所さんのところにすべて煙が流れてしまうかもしれません。

こどもが集う場所での喫煙はやめましょう

 広い場所とはいってもたばこの煙は広がってしばらく停滞しています。子どもたちが元気に遊んだり、皆さんがくつろぐ場所での喫煙も気をつけましょう。

もうひとつご注意ください

 吸いがらは灰皿に(携帯灰皿含む)捨てましょう。

でも本当はやめられるのが一番ですよね

禁煙の方法についてはこちら
禁煙外来についてはこちら
たばこの害についてはこちら

関連リンク

受動喫煙に関する新しい東京都のルール(条例)が2019年1月からスタート!

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。
保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4021 ファクス:042-422-7309
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ