このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

保谷庁舎解体後の敷地活用について

ページ番号 145-083-864

提供日 2018年8月27日

最終更新日 2018年8月27日

民間事業者の事業提案、アイデア等を募集

 本市は平成13年の合併以降、田無・保谷両庁舎を活用した市政運営を行ってきましたが、老朽化と耐震対応に課題のある保谷庁舎は、「庁舎統合方針」(平成28年12月決定)に基づき、平成32年度(2020年度)に取り壊す予定です。
保谷庁舎解体後の敷地活用については、民間事業者が持つノウハウや創意工夫を活用した、官民連携事業を幅広く検討したいと考えています。
 そのため、民間事業者からご意見、ご提案をいただき、その“対話”を通して、官民連携事業の実現性のほか、敷地活用の様々な可能性を検討するため、サウンディング調査を実施します。

1 調査対象地の基本情報

(1)所在地:西東京市中町一丁目5番1号
(2)敷地面積:全体22,751平方メートルのうち、約4,000平方メートルを想定

2 敷地活用の基本的な考え方

(1)活用期間:原則として暫定的な活用(約10年間)
(2)活用用途:具体的な想定はありませんが、以下のキーワードで検討

  • 賑わいの創出
  • 敷地内の公共施設との連携や一体化による市民サービスの向上
  • 飲食、日用品購買サービス
  • 市民の居場所づくり
  • 防災センターの設置特性を活かした災害時にも活用可能な機能

3 調査の対話内容

(1)当該地における実現可能な敷地活用の事業内容、アイデア等
(2)想定される事業内容の事業スキーム、概算事業費、実施条件等
(3)保谷庁舎の解体工事の実施主体や方法、解体費用、工期等
(4)周辺環境にふさわしい地域貢献に供する提案等

4 調査の日程

(1)事前説明会:9月14日(金曜日)午前10時30分から11時30分
(2)対話の実施:10月4日(木曜日)から10月12日(金曜日)の間

注記:詳細は、市ホームページをご覧ください。

問い合わせ先

 企画部 企画政策課(電話:042-460-9800)

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

2018年

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ