このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

医療機関を受診するのは、どんなときでしょうか

ページ番号 158-122-882

最終更新日 2019年4月1日

Q:受診したほうがよいのは、どんなときでしょうか

A 熱の有無に気をとられがちですが、全身状態を見て判断することが大切です。
下記の症状が見られたときは受診をお勧めします。

  • 38度以上の熱が2日間以上続いている
  • 嘔吐や、下痢をしている
  • いつもより顔色が悪く元気がない(熱の有無に関係なく)
  • 体に発疹が出た
  • 「いつもと様子が違う」と感じる

注記:急な病気やケガで迷ったら、東京消防庁救急センター#7119へ相談してみましょう。
注記:年末年始・祝日を除く月曜日から金曜日の、午前9時30分から午後4時30分は、西東京市地域子育て支援センターでも相談ができます。

Q:鼻水が出始めたらすぐに受診したほうがよいでしょうか

A 上気道(のど)が弱いと鼻水は出やすいようです。
水のような鼻水のうちは、様子を見てもよいと思いますが、発熱・咳などの症状が出る、鼻づまりで飲み物が飲みにくい、眠れないなどの様子が見られたら受診しましょう。また、水のような鼻水でもなかなか症状が改善されない場合には、耳鼻科を受診しましょう。鼻水症状が長引くことにより、のどや鼻についた細菌が耳管を通って中耳炎を起こすこともあります。

Q:黄色の鼻水が出ているのですが、大丈夫でしょうか

A 鼻水の色や出ている様子で、どんな病気かある程度わかります。水のような鼻水が出る場合は冷たい空気にさらされたときや、風邪のひきはじめ、アレルギー性鼻炎などが考えられます。黄色みをおびた鼻水が出る場合は、ウイルスや細菌による感染症の疑いがあります。常に鼻水が出ている、鼻づまりがある場合はアレルギー性鼻炎等の疑いがあります。
色のついた鼻水が出ているときには、耳鼻科を受診しましょう。

Q:ドロドロした膿(うみ)のような鼻水が出ているのですが、大丈夫でしょうか

A 鼻水が黄色から緑色になってきたら炎症の悪化、さらにどろっとした鼻水が出てきたら副鼻腔炎が考えられます。このような場合は耳鼻科を受診し、治療しましょう。

お問い合わせ

このページは、保育課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9842 ファクス:042-466-9666
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ