このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

夏の生活のポイントを教えてください

ページ番号 167-475-351

最終更新日 2019年4月1日

Q:夏はどのようなことに注意して生活をするとよいでしょうか

A こまめに水分を飲ませましょう。

  • 特に0、1、2歳の頃は、体温調節の機能が未熟で、代謝も活発なので、多くの水分が必要です。水や麦茶などで、こまめに水分補給をさせましょう。幼児になって、激しい運動後や汗をたくさんかいた後などは、イオンバランスを整えるためにイオン飲料やスポーツ飲料を飲ませることは有効です。しかし、飲ませすぎは禁物です。糖分の取り過ぎになるばかりではなく、体の中のビタミンB1を消費し、夏バテやむし歯を引き起こす原因になります。また、冷たいものは、おなかを冷やしてしまいます。ほどほどにしましょう。
  • 熱中症や日焼けの予防のためにも、午前10時から午後3時くらいの不要な外出や炎天下での外遊びは控えましょう。
  • 寝不足になると免疫力が低下し、夏バテや感染症にかかりやすくなります。暑くて寝苦しい時は、適度にエアコンを使い、冷え過ぎないように温度の調節をしましょう。

Q:エアコンの使い方について教えてください

A 体温調節や発汗作用が未熟なため、赤ちゃんのいる場所でエアコンを使用するときには、工夫が必要です。食事時間や午睡中は適温(室温28度位)を目安にしましょう。一般的に扇風機等で空気を循環させると、涼しく感じられます。夜はタイマーを活用しましょう。日中同様28度位の室温なら、掛布団がはだけても寝冷えをする心配は少なくなります。冷気は床に降りやすいため、低い位置にいることが多い赤ちゃんは、冷えやすくなりますので、室温計も低い位置に置いて温度を確認しながらエアコンの調節をしましょう。日中、遊んでいるときにたくさん汗をかいた後は、シャワーを浴びるとさっぱりします。

お問い合わせ

このページは、保育課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9842 ファクス:042-466-9666
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ