このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

家庭用パソコン

ページ番号 817-820-241

最終更新日 2017年8月1日

 家庭用パソコンの処分については、平成15年10月1日から「資源有効利用促進法」に基づき家庭用パソコンのメーカー回収、リサイクルが義務づけられました。不用となったパソコンは、粗大ゴミとして排出するのではなく、メーカーのリサイクル方法を利用することになっています。
 この制度では、平成15年(2003年)9月末日までに購入されたパソコン、自作のパソコン、倒産・事業撤退したメーカーのパソコンなどは、排出時点で回収、リサイクル費用を支払うことになります。詳しくは新規ウインドウで開きます。一般社団法人パソコン3R推進協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

画像:対象となる品目

 また、平成15年(2003年)10月以降に販売された家庭用向けパソコンにはPCリサイクルマークが貼付されています。このマークの付いたパソコンは、新たに回収・リサイクル料金をご負担する必要がありません。
 なお、この制度では、パソコン本体とディスプレイが対象で、プリンターとスキャナーなどの周辺機器は、従来通り市で粗大ごみとして収集しています。
※パソコンと周辺機器の接続に使用する各種ケーブル類、電源コード等は金属類として回収しています。

画像:PCリサイクルマークとーブル

処分方法

(1)パソコンが不用になったら、メーカーに回収を申し込みます。
(2)メーカーがユーザーの最寄の郵便局に回収を指示します。
(3)ユーザーが集荷希望の場合は戸別収集、郵便局に直接持ち込みも可能です。
(4)郵便局が集めた使用済みパソコンをメーカーに配送します。
(5)メーカーの再資源化センターで資源化されます。
※自作パソコンの処分については、新規ウインドウで開きます。一般社団法人パソコン3R推進協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ

このページは、ごみ減量推進課が担当しています。
エコプラザ西東京 〒202-0011 西東京市泉町三丁目12番35号
電話:042-438-4043 ファクス:042-421-5410
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ