このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

古紙・古布類 

ページ番号 738-241-375

最終更新日 2017年4月3日

出し方

収集日の午前8時30分までに資源物集積所に出してください。
※古紙類は雨の日でも収集していますが、古布類は雨に濡れてしまうとカビの原因となり、資源や再利用できませんので、できるだけ雨の日に出すのはご遠慮ください。

画像:古紙・古布類の出し方

古紙類 主なもの

画像:古紙・古布類 主なもの

新聞・チラシ 段ボール 雑誌・古本 辞書
雑紙 包装紙 はがき 封筒
メモ用紙 名刺 ティッシュの箱 お菓子の箱
家電製品の箱 レトルト食品の箱 シュレッダー紙 ラップの芯
牛乳パック・飲料用パックだけで束ねてください
中がアルミコーティングされている紙パックだけで束ねてください
防水加工した缶ビール用などの収納パックだけで束ねてください

古布類 主なもの

古布類の主なもの

衣類 下着 水着 ぼうし
毛布 シーツ カーテン ネクタイ
ベルト ハンカチ かばん  
ぬいぐるみ・高さ30センチメートル程度まで
羽毛ふとん・必ず羽毛と貼紙をしてください

注意点

資源にならない古紙類

古紙の注意点

※上記のものは、可燃ごみで出してください。

※ボール紙は段ボールには入りません。雑紙として出してください。
※古紙は雨の日でも収集します。
※ちぎった紙、シュレッダーされた紙も資源として再利用可能ですので、飛び散らないよう袋に入れて資源として出してください。

※紙の原料にならない異物が混ざっていると、紙を再生する妨げになります。
  以下のものは可燃ごみで出してください。
 油紙、ワックス加工紙(紙コップ、紙皿)、合成紙(プラスチック製品)、アイロンプリント紙、感熱紙(ファックス用紙・レシートなど)、印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙、感光紙、裏カーボン紙、ノーカーボン紙

資源にならない古布類

古布の注意点

お問い合わせ

このページは、ごみ減量推進課が担当しています。
エコプラザ西東京 〒202-0011 西東京市泉町三丁目12番35号
電話:042-438-4043 ファクス:042-421-5410
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ