このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第8-1回 冬の夜に光り輝くノーベル賞?

ページ番号 491-798-176

最終更新日 2015年1月22日

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(青色LED)の技術が評価され、赤崎さん、天野さん、中村さんが受賞しました。LEDに光の三原色である赤・緑・青がそろったことで、あらゆる色の光が低電力で作れるようになり、照明や映像機器のLED化が急速に進んでいます。
 舞台やスタジオなどの照明は、赤・緑・青のLEDを組み合わせて、白色や他の色を作ります。それに対し、家庭用照明や液晶画面のバックライトなどは、青色LEDの上に、赤と緑を含んだ黄色に発光する蛍光物質を重ねることで、白色を作っています。この方式が、効率アップとコストダウンを可能にしました。
 12月の夜に街を彩る美しいイルミネーションも、ノーベル賞級の努力によって輝いているのです。
(市報 平成26年12月1日号掲載)

写真:光り輝く田無駅前のイルミネーション

[写真:光り輝く田無駅前のイルミネーション]

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ