このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

マイナンバーカード(個人番号カード)のその他の手続き

ページ番号 231-583-927

最終更新日 2017年7月11日

マイナンバーカードの継続利用・表面記載事項変更手続について

 転入(他の市区町村から引っ越ししてきたとき)や市内での転居で住所変更があった場合、戸籍の届出によって氏名や性別等に変更があった場合は、カードの継続利用・表面記載事項変更手続を行うことにより、カードを継続して利用することが出来ます。

※転入届をしてから90日以上経過している場合は継続利用できません。
※転入してから14日以後に転入届を行った場合、転出予定日から30日以上経過して転入届を行った場合は継続利用できません。

届出人

本人または同一世帯の方

※住所または氏名の変更に伴い署名用電子証明書は自動的に失効します。署名用電子証明書の発行手続も併せて行う場合はご本人様からの申請が必要になります。
※別世帯の代理人が手続きをするときは、委任状が必要なほか本人宛に照会書を発送して暗証番号を確認するため、即日での手続きは出来ません。詳しい手続き方法についてはお問い合わせください。

必要なもの

マイナンバーカード(暗証番号の入力が必要です。)

既にお持ちのマイナンバーカードへの電子証明書の発行申請

 下記のような場合に、既にお持ちのマイナンバーカードに電子証明書のみを発行する手続きができます。

  • マイナンバーカードの交付申請時に電子証明書の発行を希望しなかった方が後から電子証明書の発行を希望する場合
  • 氏名や住所等の変更により署名用電子証明書が失効した後に改めて発行を希望する場合 等

必要なもの

マイナンバーカード(有効期限内で、氏名・住所等の券面記載事項が最新のもの。)

※手続きには住民基本台帳用暗証番号(数字4桁)の入力が必要です。お忘れの場合は別途、マイナンバーカードの暗証番号再設定の手続きが必要になります。詳しくは下記のマイナンバーカードの暗証番号変更・再設定をご覧ください。
※任意代理人による手続きは即日ではできません。
※代理人申請の場合は手続き条件が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

マイナンバーカードの暗証番号変更・再設定

 マイナンバーカードの暗証番号は変更することができます。また、暗証番号を忘れた場合は再設定をすることができます。

必要なもの

  • マイナンバーカード(暗証番号変更の場合のみ、暗証番号の入力が必要です。)
  • 運転免許証、旅券、健康保険証、年金手帳等の本人確認ができるもの(暗証番号をお忘れで再設定の場合のみ、マイナンバーカード以外にもう一点本人確認書類が必要です。)

※法定代理人による申請の場合は、法定代理人の本人確認書類(運転免許証、旅券、マイナンバーカード等)と戸籍謄本などの法定代理人であることが確認できる書類が必要です。(西東京市が本籍地の場合は戸籍謄本のご用意は不要です。)
※別世帯の代理人が手続きをするときは、委任状が必要なほか本人宛に照会書を発送して暗証番号を確認するため、即日での手続きは出来ません。また、暗証番号を再設定する場合は、さらにご本人の来庁が困難であることがわかる資料(診断書、障害者手帳、入所施設の利用契約書等)が必要です。手続きの可否については当該資料により判断することとなりますが、出張等お仕事の都合や、旅行、海外留学等、また一時的な入院や外出不能を理由とする場合は手続きできません。詳しい手続き方法についてはお問い合わせください。
※利用者証明用電子証明書・署名用電子証明書の暗証番号変更等については下記の電子証明書の暗証番号変更・初期化申請をご覧ください。

電子証明書の暗証番号変更・初期化申請

 署名用電子証明書または利用者証明用電子証明書は、暗証番号の変更や初期化を行うことができます。
 暗証番号入力を署名用電子証明書は5回、利用者証明用電子証明書は3回間違うとロックされます。ロックの解除は市民課窓口でのお手続きが必要です。

必要なもの

有効な電子証明書が格納されたマイナンバーカード(有効期限内で、氏名・住所等の券面記載事項が最新のもの。)

※手続きには住民基本台帳用暗証番号(数字4桁)の入力が必要です。お忘れの場合は別途、マイナンバーカードの暗証番号再設定の手続きが必要になります。詳しくはマイナンバーカードの暗証番号変更・再設定をご覧ください。
※任意代理人による手続きは即日ではできません。
※代理人申請の場合は手続き条件が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

マイナンバーカードの返納

 国外に転出する場合にはマイナンバーカードの返納の届出が必要です。廃止したマイナンバーカードは返納を受けた旨を表示して返却します。

必要なもの

マイナンバーカード

※法定代理人による手続きの場合は、法定代理人の本人確認書類(運転免許証、旅券、健康保険証、年金手帳等)と戸籍謄本など法定代理人であることが確認できる書類が必要です。(西東京市が本籍地の場合は戸籍謄本のご用意は不要です。)
※任意代理人による手続きの場合は、委任状と任意代理人の本人確認書類が必要です。

マイナンバーカードの紛失・廃止

 マイナンバーカードを紛失した場合は、下記のコールセンターに連絡し、運用状況を一時停止してください。
 紛失したマイナンバーカードを廃止するためには、最寄の警察署へ遺失届を提出し、紛失・廃止届を提出する必要があります。

個人番号カードコールセンター

電話:0570-783-578(日本語)
電話:0570-064-738(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)
※一時停止の受付は24時間365日受付可能です。

紛失・廃止届の際に必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、旅券、健康保険証、年金手帳等)
  • 遺失届の受理証

マイナンバーカードの一時停止解除

 一時停止したマイナンバーカードを発見した場合、一時停止を解除することができます。

必要なもの

  • マイナンバーカード
  • 本人確認書類(運転免許証、旅券、健康保険証、年金手帳等)

※マイナンバーカードの廃止後に発見した場合は、一時停止解除はできません。
※マイナンバーカードに搭載されている署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書は、一時停止した場合はご利用いただけません。一時停止解除後に署名用電子証明書の搭載を希望される場合は、ご本人が別途申請する必要があります。

マイナンバーカードの在留期間更新に伴う有効期間変更

 外国人住民の方(特別永住者を除く)で在留期間に変更が生じた際には、マイナンバーカードの有効期間を新たな在留期間の満了日まで変更することができます。

必要なもの

  • マイナンバーカード
  • 在留期間更新後の在留カード

※有効期間切れのマイナンバーカードは有効期間変更の手続きができません。有効期間の満了前にお手続きが必要です。

お問合せ

マイナンバーカードコールセンター

平成27年10月1日より、通知カード・マイナンバーカードに関するコールセンターが設置されました。通知カードの発送等に関するお問い合わせや、マイナンバーカードの交付申請等については、まずはこちらの電話番号へお問合せください。
 電話:0120-95-0178(通話料無料)
問合せ業務対応時間(※年末年始を除く)
 平日 午前9時30分から午後8時まで
 土曜日・日曜日・祝日 午前9時30分から午後5時30分まで

西東京市における通知カード・マイナンバーカードに関するお問い合わせ

 西東京市市民課に、通知カード・マイナンバーカードのお問合せ専用ダイヤルを設置しました。西東京市におけるマイナンバーカードのお受け取り等に関するお問い合わせは、こちらの番号までご連絡ください。

市民部市民課 マイナンバー専用ダイヤル
 電話:042-460-9845

関連リンク

マイナンバー制度のよくある質問については、こちらをご覧ください。

地方公共団体情報システム機構(J−LIS)が運営する、通知カードおよびマイナンバーカードに関するホームページです

お問い合わせ

このページは、市民課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9820 ファクス:042-463-9585
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

マイナンバー制度

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ