本文ここから

「18歳から大人」 若者を狙った消費者トラブルに注意

ページ番号 737-211-173

最終更新日 2022年4月1日

【18歳から大人】 若者を狙った消費者トラブルに注意

民法の改正により、2022年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。

  • 2002年4月2日から2004年4月1日の間生まれ → 2022年4月1日に成人
  • 2004年4月2日より後の生まれ → 18歳の誕生日に成人

2022年4月から成年年齢が18歳になることにより、4月1日以降に18歳以上の方(19歳の方は2022年4月1日より新成人になります)は、親などの同意を得ずに様々な契約が自分一人で結べるようになります。
ですがそこには、結んだ契約を守る責任も生じてきます。
契約にはさまざまなルールがあり、知識がないまま、安易に契約を交わすとトラブルに巻き込まれる可能性があります。
社会経験が少なく、契約の重みや内容をよく理解していないであろう成年に達したばかりの若者を、狙い撃ちする悪質な業者もいます。
その契約、大丈夫ですか?勧誘や契約は慎重に検討しましょう。消費者トラブルに遭わないよう、ご注意ください。

18歳から大人!ポスター表

消費者庁 若者向け情報発信

消費者庁では、成年年齢の引下げにより、知識や経験の乏しい18歳から19歳の消費者トラブルの増加が懸念されることから、消費者トラブル防止・救済に向けた取組として、若者層を中心とした消費者に積極的にアプローチしていくため、消費者庁LINE公式アカウント「消費者庁 若者ナビ」を開設しています。
また、若者向けコンテンツとして、若者向けの特設サイト消費者庁「18歳から大人」特設ページや、消費者庁「18歳から大人」Twitter情報などのサイトにより、速やかで正確な情報発信を行っています。
是非、ご覧ください。

若者ナビチラシ

新成人たちよ、未来をつくれ 「東京リベンジャーズ」とタイアップ 政府広報特設サイト

「東京リベンジャーズ」と政府広報のタイアップキャンペーン
内閣府政府広報室では、新成人に向け”未来は、新しい可能性に満ちている”という”エール”を届けるとともに、成年年齢の引き下げによる変更点の周知や消費者トラブル等への注意喚起を行うため「18解禁 新成人たちよ、未来をつくれ。」をキャンペーンメッセージに設定し、大人気アニメ「東京リベンジャーズ」(和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」制作委員会)とタイアップした政府広報キャンペーンを行っています。
キャンペーンの詳細はこちらのサイトからご覧ください。

政府広報ポスター

国民生活センター 若者の消費トラブル

国民生活センターの相談事例のうち、若者(20歳代)の消費トラブルの傾向や若者向け注意喚起情報が掲載されています。
20歳代の消費相談は「エステティックサービス」、「医療サービス」の美容に関する相談や、「オンラインカジノ・副業サイト」、「暗号資産への投資などの儲け話」などに関するトラブルが多く寄せられています。
成年になったばかりの18歳、19歳もこうしたトラブルに巻き込まれる恐れがありますので、注意が必要です。

若者向け注意喚起シリーズ

困ったときは西東京市消費者センターまで

  • 商品やサービスなどの契約に関するトラブル
  • 悪質商法に巻き込まれた
  • 商品の品質や安全性

など、消費生活に関するさまざまな問題や疑問について、専門の消費生活相談員が相談に応じます。
おかしいと感じたり、困ったときは、一人で悩まず早めにご相談ください。相談は無料、秘密は厳守します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。

市役所田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号

電話:042-420-2821

ファクス:042-420-2893

お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで