このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

行財政改革大綱

ページ番号 665-274-087

最終更新日 2006年1月23日

1 行財政改革の必要性
(1)新たな行政需要への対応
(2)行政サービスの主体の多様化
(3)地方分権時代の行政運営
(4)財政危機の回避

2 行財政改革を進める方向性(視点)
(1)コスト意識・マネジメント意識を持った行政運営
(2)市民との連携による行政運営
(3)市民に便利で分かりやすいサービス提供

3 旧田無市及び旧保谷市における行財政改革の取組との関係

4 大綱の実施期間

5 推進体制

6 行財政改革推進委員会答申の重点項目への対応
2 実施計画

重点課題
西東京市行財政改革体系図
実施項目一覧表
実施計画凡例

(1)財政健全化への取組
(2)適正な執行体制、人事体制の確立
(3)行政を評価する仕組みづくり
(4)民間委託、嘱託化の推進
(5)環境と共生する行政運営の取組
(6)公共施設の効率的運営の推進

(1)情報公開、情報提供の充実
(2)市民参加、市民との協働の推進

(1)情報化の推進
(2)窓口改善、サービス向上への取組

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、企画政策課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9800 ファクス:042-463-9585
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

市政全般にかかわるもの

こちらもお探しですか

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ