このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定第50号 天神社 拝殿

ページ番号 705-707-525

最終更新日 2017年6月29日

 天神社は、かつては三十番神を祀り「番神様」と呼ばれていました。明治元年(1868年)に神仏分離に基づく施策として三十番神信仰が禁止されましたが、この時に境内に祀られていた菅原道真を祭神とし、社号を天神社に改め、下保谷村の鎮守として今日に至っています。
 拝殿は、向拝柱の礎石の刻銘から天保5年(1834年)の建築と推定され、市内に現存する木造建造物としても有数の古さであり、屋根や覆殿との接続部分に改修が見られるものの、建築当初の姿を現在に伝えています。また、拝殿の四方上部の小壁に施された波や龍の鏝絵(漆喰彫刻)は、市内では他に例を見ないものであり、幕末期の建築意匠を色濃く反映した貴重なものです。
指定年月:平成29年6月
所在地:北町六丁目7番19号(天神社)


拝殿


鏝絵

お問い合わせ

このページは、社会教育課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4079 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

市指定文化財

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ