このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定第2号 田無ばやし

ページ番号 849-229-037

最終更新日 2007年12月17日

田無には祭囃子がありましたが、完成されたものではありませんでした。しかし、明治末期に西林源六氏が関東一の御囃子の名人といわれた多摩郡千歳村船橋(現世田谷区)の内海軍次郎氏に弟子入りし、それまでの古い田無囃子を改良して今日の「速間流田無囃子」を完成させました。現在は「速間流田無ばやし保存会」が伝承しています。

指定年月:昭和40年8月
所在地:田無町三丁目7番4号(田無神社・伝承地)

田無ばやし

お問い合わせ

このページは、社会教育課が担当しています。
田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-420-2831 ファクス:042-420-2891
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

市指定文化財

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ