このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定第31号 木彫彩色倶利迦羅不動明王像

ページ番号 609-254-063

最終更新日 2007年12月17日

江戸時代前期頃の造立。上保谷村鎮守尉殿権現社(現尉殿神社)に祀られていた仏像の神体です。明治元年(1868年)の神仏分離令によって、権現号と共にその信仰を禁止(廃仏)されましたが、氏子によって保存され、現在はかつての別当寺である寳晃院に収蔵されています。上保谷村尉殿権現を分祀したと考えられる田無村鎮守尉殿権現(現田無神社)の神体2体(現總持寺蔵)を除いて、『新編武蔵風土記稿』にも同不動像を村の鎮守神として祀った例はなく、極めて珍しい文化財です。
指定年月:平成3年11月
所在地:住吉町一丁目6番5号(寶晃院)

写真:木彫彩色倶利迦羅不動明王像

お問い合わせ

このページは、社会教育課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4079 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

市指定文化財

こちらもお探しですか

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ