このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定第42号 菅原道真石像

ページ番号 921-285-256

最終更新日 2006年4月1日

江戸時代、下保谷村の鎮守は三十番神でしたが、その中に北野大明神=菅原道真が配列されていた由緒から、境内に菅原道真石像を御神体とする天神社が摂社として祀られました。しかし、明治元年(1868年)の神仏分離に基づく施策により三十番神信仰は禁止になりました。そこで氏子たちは、前述の由緒から菅原道真石像を本殿に移し、社号を天神社に改めました。この石像は村鎮守三十番神に対する氏子の崇敬を示す大事な資料です。
指定年月: 平成7年3月
所在地 : 北町六丁目7番19号(天神社)

お問い合わせ

このページは、社会教育課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4079 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

市指定文化財

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ