このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定第21号 招魂塔

ページ番号 398-855-724

最終更新日 2007年12月17日

塔身の正面に「招魂塔」とあるだけで、建立の趣旨を何も記していませんが、品川県社倉門訴事件の犠牲者の慰霊碑とされています。門訴事件は、県が強行した社倉米の金納化に反対した武蔵野新田の農民が、明治3年(1870年)1月10日深夜に東京浜町の県庁に集団門訴を決行し、弾圧された事件でした。その後、明治12年(1879年)に新田の「総村中」が建立しました。以前は墓地の南側にありましたが、五日市街道の改修で北側に移されました。
指定年月:昭和61年7月
所在地:新町一丁目2番(しらし窪墓地)

写真:招魂塔

お問い合わせ

このページは、社会教育課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4079 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

市指定文化財

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ