このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

言い分〔いいぶん〕もきかずにたたかれる

ページ番号 896-268-339

最終更新日 2021年9月8日

画像:親にたたかれる

 自分は関係ないのに、自分は悪くないのに、たたかれることって本当にいやだし、だいいちくやしいよね。そんなことがあってはならないのに、実はそういうことって、ときどきあるんだよ。
 それは、たたこうとする人が、そのとき興奮〔こうふん〕して、人の言い分を聞くことができなくなってしまっているんだよ。

なやみ解決〔かいけつ〕のスタート

  • 少し間をおいて、相手が落ち着いたなと思ったときに、自分の言いたいこと、考えたことをきちんと相手に伝えるようにしてみよう。
  • あなたが自分で言えないなら、あなたが一番信頼〔しんらい〕している人に頼んでつたえてもらおう。
  • 先生〔せんせい〕やスクールカウンセラーにも話してみよう。

西東京市教育相談センターからのメッセージ

 何もしていないのにたたかれる、でも理由は聞いてもらえない。
 そんなことが続いていると、だれにも助けてもらえない気持ちになるよね。
 だれにも言ってはいけないと言われているかもしれないね。

 あなたを助けてくれる人は必ずいるんだよ。
 あなたのまわりの信頼〔しんらい〕できる大人の人に話してみよう。
 もし思いつかなかったら、教育相談センターに電話をかけてください。必ず、あなたを守ります。

お問い合わせ

このページは、教育支援課が担当しています。
市役所田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-420-2829 ファクス:042-420-2889
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。

西東京市役所 企画部秘書広報課

〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 法人番号:1000020132292
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ