このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

こどもの予防接種のご案内

ページ番号 947-740-061

最終更新日 2018年5月15日

 お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきは生後3か月までに、麻しん(はしか)は生後12か月までにほとんど自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。
 子どもは発育と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種に対する正しい理解の下で、お子さまの健康にお役立てください。

定期接種と任意接種

 予防接種には、予防接種法に基づき市区町村が実施する定期接種(対象者は予防接種を受けるよう努力する)と、対象者の希望により行う任意接種があります。

定期予防接種の対象疾病(現在実施している子どものもの)

ジフテリア、百日せき、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻しん、風しん、日本脳炎、破傷風、結核(BCG)、子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌、水痘(水ぼうそう)、B型肝炎

任意予防接種の対象疾病・ワクチン例

おたふくかぜ、ロタウイルス、季節性インフルエンザ

定期予防接種一覧表・定期予防接種対象年齢表

予診票について

 接種には西東京市の予診票が必要となります。
 西東京市では、生後2か月になる前のお子様に「予防接種説明書・予診票セット」を郵送しています。
次の予防接種については、該当年齢になりましたら予防接種の説明書及び予診票をお送りいたします。

  • 日本脳炎(第1期初回・追加)     満3歳になった月末
  • 日本脳炎第2期            満9歳になった月末
  • 麻しん風しん混合第2期        小学校入学の1年前
  • 二種混合(ジフテリア・破傷風第2期) 満11歳になった月末

 転入された方、紛失等で西東京市の予診票をお持ちでない方へ

 転入された方、紛失等で西東京市の予診票をお持ちでない方は、健康課の窓口(保谷保健福祉総合センター4階)母子健康手帳を持ってお越しください。母子健康手帳で未接種であることを確認させていただいた上、予診票を交付いたします。

※郵送でも対応しております。上記申請書をご記入の上、母子健康手帳の写し(出生届出済証明書、予防接種の記録がある全てのページ)、返信用封筒(切手付)をいれて、健康課事業調整係までお送りください。

実施医療機関

 「西東京市個別予防接種実施指定医療機関一覧表」にある医療機関で受けてください。
 予防接種ができる日は各医療機関によって異なり、ほとんどの医療機関が予約制になっています。
 ワクチンの用意がない場合もありますので必ずお問い合わせの上、接種日をお決めください。

※定期予防接種については、東久留米市、小平市、練馬区指定の実施医療機関でも受けることができます。詳細については、健康課事業調整係(電話:042-438-4021)までお問い合わせください。

 実施医療機関一覧表以外の医療機関で接種を希望される方へ

 実施医療機関一覧表以外の医療機関で接種される場合は、事前に健康課窓口での手続きが必要となります。また、医療機関によっては手続きをしても接種できなかったり、実費を請求される場合があります。まずは、医療機関のある市区町村役所予防接種担当へ確認してください。

依頼書について

詳細については、健康課事業調整係(電話:042-438-4021)までお問い合わせください。

健康・子育て応援情報システム「ワクチンマネージャー」

 こども一人ひとりにあわせた予防接種スケジュールを作成します

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。
保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4021 ファクス:042-422-7309
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ