このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

汚損・破損等による西東京市民カード(印鑑登録がされているもの)の引替手続き

ページ番号 244-477-704

最終更新日 2020年9月1日

生分解性プラスチック製の西東京市民カード(印鑑登録がされているもの)は無料にて引替えします

平成13年度から平成16年度までの間に発行された西東京市民カード(表面の8ケタの番号が金色で番号の先頭が『010』『011』で始まるもの等)は、生分解性プラスチック製のため弾力性が弱く、大変割れやすくなっております(時間の経過とともにカードが粉々になってしまう場合もあります)。
この市民カードに印鑑登録をされている方は、無料で新しい「印鑑登録証」に引替えさせていただきますので、カードを窓口までご持参ください。

※住民票の発行のみ対応の西東京市民カードについては、住民票等自動交付機の廃止により今後使用できなくなるため、引替えの対象外です。窓口にご持参いただければ回収いたします。(印鑑登録証明書が必要な場合は、新規で印鑑登録の手続きが必要です。詳細は印鑑登録の手続きをご覧ください。)

手続きに必要なもの

  • 上記の引替え対象の西東京市民カード
  • 本人であることが確認できるもの(運転免許証、旅券、在留カード、特別永住者証明書、健康保険証、年金手帳等)
  • 代理人が申請する場合は、上記の他代理人選任届(委任状)と代理人の本人であることが確認できるもの

注記:用紙…A4タテ

手数料

無料

申請窓口

市民課(田無庁舎2階、保谷保健福祉総合センター1階)、柳橋出張所、ひばりヶ丘駅前出張所

受付時間

月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時、市民課土曜日窓口
注記:祝日、年末年始(12月29日から翌1月3日)を除きます。

上記以外の印鑑登録証が汚損・破損した場合

上記引替え対象のカード(生分解性プラスチック製カード)以外の印鑑登録証のカードが汚損・破損した場合、カードに記載されている印鑑登録の番号が目視で確認できれば通常通り使用できます。
ただし、番号の確認ができない状態まで汚損・破損した場合、印鑑の再登録(有料)が必要となりますので、印鑑登録証のカードは大切に保管・使用していただきますようお願いします。

住民票等自動交付機は令和2年8月31日をもって全台廃止となりました

市内7箇所に設置の住民票等自動交付機は、本体の製造が中止され、補修用部品の入手も困難となっており、安定した運用ができないため、リース契約が終了する令和2年(2020年)8月31日をもって廃止いたしました。
市民の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。

関連リンク

利用者証明用電子証明書が搭載されているマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方は、コンビニエンスストアのマルチコピー機(多機能端末機)で住民票の写し等の各種証明書を取得できます。コンビニ交付は利用可能な時間が自動交付機よりも長く、午前6時30分から午後11時までご利用いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、市民課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9820 ファクス:042-465-8630
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ