このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

住吉福祉会館建替え事業計画(案):概要版

ページ番号 739-001-587

最終更新日 2006年3月24日

事業概要

▼建設場所
 西東京市住吉町六丁目1番25号
▼敷地面積
 4,362.00平方メートル
▼構造
 鉄筋コンクリート造 地上4階、地下1階建(機械室、更衣室)

▼建築面積
 約1,420平方メートル 延べ床面積 約3,960平方メートル
▼概算工事費
 約14億円(本体工事、既存建物解体工事、外構工事)
※合併に伴う財政支援(合併特例債など)を有効に活用しながら整備します。

7つの施設コンセプト

(1)市民交流の推進
 高齢者と児童、子育て世代など、世代間の交流の機会を提供するための拠点とします。
(2)市民活動の支援
 子育て支援、生きがいづくり支援など、世代を超えてだれもがいきいきと活動できる施設とします。
(3)3つの機能を融合
 (仮称)老人福祉センター、(仮称)こどもの総合支援センター、(仮称)女性センターの3つの機能を可能な限り融合します。
(4)現在の施設をそのままで建替
 新しい施設は、現在の福祉会館の北側に建設するため、現在の施設をそのまま使用する中で建て替えを行います。
(5)ユニバーサルデザインの推進
  だれにでも利用しやすい、快適な環境をつくります。
(6)災害時に役立つ施設
 防災倉庫の設置、コミュニティ広場の整備、防火貯水槽の設置などを整備します。
(7)環境への配慮
 広場と緑の確保、雨水浸透と雨水利用、屋上緑化などに配慮した環境を整備します。

各施設の特徴

■(仮称)女性センター(1階)の特徴
○相談室を3室設けます。また、乳幼児を連れた相談者が来室した場合、落ちついて相談を受けられるよう、相談者用保育室を設けます。
○パソコン、資料図書等を配置し、情報の収集・発信を行い、市民・活動グループがお互い連携し、交流・活動するオープンスペースの場を設けます。
○特に子育て中の方も活動できるよう保育室を設置しました。学習室としても利用できます。
■(仮称)こどもの総合支援センター(1階・2階)の特徴
○「子ども家庭支援センター(のどか)」と「こどもの発達センター(ひいらぎ)」2つの子育て支援施設機能を総合した施設です。
○発達に関する専門相談と支援、子育て家庭への支援に関する相談およびサービス調整に関わる機能を総合化することにより、一貫したサービスを提供します。
○児童デイサービスによるグループ指導および専門家による発達・発育支援を行います。
■(仮称)老人福祉センター(3階・4階)の特徴
○現在の福祉会館637平方メートルの約2倍の1200平方メートル程度の施設規模となります。
○介護予防を重視した機能訓練室の拡充を図ります。
○大広間や浴室、談話室などが広くなります。

施設平面図

画像:全体配置図

画像:1階平面図

画像:2階平面図

画像:3階平面図

画像:4階平面図

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

詳細資料

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ