このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

「たまご面接(妊婦面接)」を実施しています

ページ番号 175-922-351

最終更新日 2020年11月2日

 西東京市では、安心して出産・育児を迎えることができるよう、すべての妊婦の方を対象に保健師や助産師が「たまご面接(妊婦面接)」を実施しています。

 面接を受けられた方には、母子健康手帳交付時に「たまパケ(ギフトカタログ、タオルまたは沐浴布、エコバッグ)」をお渡ししています。

 令和2年度に限り、新型コロナウイルス感染予防のため、「感染予防パッケージ(こども商品券、手作り布マスク)」を追加配布します。こども商品券は、通院のためのタクシー乗車の際にもご利用いただけます。安心して妊娠期を過ごすことができるよう、ご活用ください。
(※この事業は「西東京市ママパパ応援事業」の必須事業として実施しています。)

対象

西東京市に住民票があり、
(1)これから妊娠届出(母子健康手帳交付)にいらっしゃる方

(2)すでに妊娠届出を済ませ、母子健康手帳をお持ちのご妊娠中の方

※ご妊娠中に西東京市に転入された方にも、「たまご面接」を実施します。ご希望される方は、健康課保健係までご連絡ください。

受付実施時間

平日の午前9時から正午、午後1時から4時
母子健康手帳交付時に実施します。お時間に余裕をもってお越しください。
※所要時間は、おひとり30分程度を予定しています。お急ぎの場合は、後日面接を受けることが可能です。母子手帳交付時にご相談ください。

場所

保谷保健福祉総合センター 4階 (健康課)
田無第二庁舎 2階 (子育て支援課)

面接内容

・妊娠中の過ごし方や出産準備について
・妊娠中の体調、気持ちのご相談
・産前産後の子育てサービス、地域の情報について など

「たまパケ」及び「感染予防パッケージ」の配布対象者について

西東京市に住民票のあるご妊娠中の方で、たまご面接をお受けになった方

※令和2年度については、以下の方も対象となります。

(1)妊娠届出をすませたご妊娠中の方
 すでに保健師や助産師によるたまご面接をお受けになった方には、順次「たまパケ」及び「感染予防パッケージ」を郵送しています。
 まだ面接をお受けになっていない方は、健康課保健係までご連絡ください。

(2)すでにご出産された方
 令和2年4月1日時点でご妊娠中だった方で、かつご妊娠中に面接やお電話等でご相談をされた方には、順次「たまパケ」及び「感染予防パッケージ」を郵送しています。

たまご面接・たまパケQ&A

Q1.「たまご面接」の対象者は?
A1.西東京市に住民票のある、すべてのご妊娠中の方です。

Q2.「たまパケ」をもらえる対象者は?
A2.令和2年4月1日以降に「たまご面接」を受けられた方です。
すでにご出産された方も、ご出産前に面接を受けた方は対象となります。

Q3.すでに母子健康手帳を持っていますが、「たまご面接」を受けることができますか?
A3.ご妊娠中であれば、受けることができます。健康課保健係までご連絡ください。

Q4.面接は必ず受けないといけませんか?
A4.必ずではありませんが、妊娠中の健康や地域の情報についてお伝えできればと思います。

Q5.代理の方が妊娠届出をする等、当日「たまご面接」を受けられない場合はどうすればよいですか?
A5.「たまご面接」の対象者は、妊婦さんです。「たまご面接」をご希望の方は、妊娠中であれば後日の実施が可能ですので、健康課保健係までご連絡ください。

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。
保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4037 ファクス:042-422-7309

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ