このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

竜巻から身を守りましょう

ページ番号 223-920-569

最終更新日 2020年7月15日

 竜巻は、スコールラインや寒冷前線に伴って発生する巨大雷雨のフックエコー付近や停滞前線の南北の移動・台風・熱帯低気圧による不安定な気象条件が主な要因となっています。また、竜巻の発生は夏から秋の時期が多く、全体の70パーセントを占めています。
 竜巻が発生していることを確認したら、「見続けることは危険です。外出を控え、身を守るための行動をとりましょう!

竜巻からの身の守り方

屋外にいる場合

  • 近くの頑丈な建物に避難する(車庫・物置・プレハブなどは竜巻により破損する可能性があります)。
  • 橋や陸橋の下に行かない。
  • 飛来物に注意する。

屋内にいる場合

  • 家の中心部に近い、窓のない部屋に移動する(部屋の隅・ドア・外壁から離れる)。
  • 地下室や建物の最下階に移動する。
  • 雨戸・シャッターを閉める。
  • 窓を開けない(カーテンを引く)、窓から離れる。
  • 頑丈な机の下に入り、両腕で頭と首を守る。 

関連リンク

気象庁ホームページにリンクします。

お問い合わせ

このページは、危機管理課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号 防災センター5階
電話:042-438-4010 ファクス:042-438-2820
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ