このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

西東京市第4次行財政改革大綱後期基本方針(素案)

ページ番号 895-891-255

最終更新日 2019年2月1日

検討結果公表日 平成31年2月1日(金曜日)
意見募集期間 平成30年11月16日(金曜日)から12月17日(月曜日)
提出された意見件数   5件(1人)
担当課 企画部企画政策課

西東京市第4次行財政改革大綱後期基本方針(素案)の事業内容ページ

 下記の一覧表は、市民の皆さんからお寄せいただいた意見を一部要約等したうえ、原案の項目ごとに整理し、それに対する西東京市の考え方をまとめたものです。
 項目ごとに、「お寄せいただいた意見」、「西東京市の検討結果」を記述しています。

項目 お寄せいただいた意見と市の検討結果
1 [お寄せいただいた意見]
各種団体等への補助金など、市民目線で、行政運営のチェックができるようにしていただきたいです。(件数:1件)

[市の検討結果]
補助金については、より高い効果が得られるよう、交付目的や対象事業、補助率や実施効果などについて再検証し、補助事業の適正化を図ってまいります。また、市民参加条例に基づき、市民参加の充実に努めてまいります。
2 [お寄せいただいた意見]
子どもや高齢者が利用する施設、無料で利用できる公民館、地区会館等については、利用者の利便性を考慮し、使用料の有料化はやめていただきたいです。(件数:1件)

[市の検討結果]
市民負担の公平性の観点から、これまで受益者負担のないサービスについても、利用状況や事業コスト等の検証を踏まえ、受益者の適正な負担のあり方について検討し、適正化を図ってまいります。
3 [お寄せいただいた意見]
市民協働推進センターゆめこらぼの運営体制を見直していただきたいです。(件数:1件)

[市の検討結果]
市民協働推進センターゆめこらぼの運営体制の見直しを含め、最適な実施主体による効果的・効率的なサービス提供ができる仕組みづくりに取り組んでまいります。
4 [お寄せいただいた意見]
民間活力の活用については、経費削減に重きを置くのではなく、行政サービスの性質に応じて柔軟に検討すべきです。(件数:1件)

[市の検討結果]
民間活力の活用については、経費削減の視点だけではなく、サービスの維持・向上や継続性も踏まえ、最も適した実施主体について検証してまいります。
5 [お寄せいただいた意見]
より市民目線に立った行政サービスを提供できるような組織体制を構築すべきです。(件数:1件)

[市の検討結果]
多様化する市民ニーズに柔軟かつ機動的に対応できる組織体制の構築に向けて、継続的な組織再編に取り組んでまいります。

担当課

企画政策課(電話:042-460-9800)

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ