このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

西東京市無電柱化推進計画(素案)

ページ番号 560-965-161

最終更新日 2019年2月15日

検討結果公表日 平成31年2月15日(金曜日)
意見募集期間 平成30年12月3日(月曜日)から平成31年1月7日(月曜日)
提出された意見件数 13件3人)
担当課 都市整備部道路建設課

西東京市無電柱化推進計画(素案)の事業内容ページ

 下記の一覧表は、市民の皆さんからお寄せいただいた意見を一部要約等したうえ、原案の項目ごとに整理し、それに対する西東京市の考え方をまとめたものです。
 項目ごとに、「お寄せいただいた意見」、「西東京市の検討結果」を記述しています。

項目 お寄せいただいた意見と市の検討結果
1 [お寄せいただいた意見]
通行量のある狭隘道路を優先的に無電柱化するべき。(件数:1件)

[市の検討結果]
多くの市民の方が通勤・通学・買物等で日常的に利用し、狭小箇所が多数存在する「主要生活道路(主要幹線道路を含む)」について、「都市防災機能の強化」に着目した評価を行い、優先的に無電柱化を検討する路線として選定しています。
2 [お寄せいただいた意見]
広い道を工事する場合は、電柱撤去後の跡地は自転車走行スペースとする(件数:1件)

[市の検討結果]
道路上の電柱は歩行者や自転車の通行の妨げとなることから、無電柱化により歩行者の歩行空間や自転車の走行空間の確保が図られるものと考えています。
3 [お寄せいただいた意見]
無電柱化は国や東京都の補助金付きで進めているが、投入される金額を考えれば景気回復や景観重視の理由だけでは不十分である。(件数:1件)

[市の検討結果]
西東京市では、本計画の2頁において掲げている無電柱化の3つの目的のうち、「都市防災機能の強化」に着目し、計画的かつ重点的に無電柱化を検討していきます。
4 [お寄せいただいた意見]
無電柱化は、市として急ぐ事業ではないと思う。(件数:1件)

[市の検討結果]
無電柱化の実現には、多額の費用と時間を要するので、国や東京都の動行を踏まえて、このタイミングで無電柱化推進計画を策定する必要があると認識しています。
5 [お寄せいただいた意見]
国や東京都のいいなりに無電柱化を進めることには、反対する。(件数:1件)

[市の検討結果]
無電柱化の効果を最大限に発揮するためにも、国や東京都との連携による面的な広がりをもった無電柱化を推進することは重要だと認識しています。
6 [お寄せいただいた意見]
6頁の各種計画における位置づけに掲載された3つの計画のタイトルの後に、現行計画の計画期間が記載されているとよい。(件数:1件)

[市の検討結果]
現行計画の計画期間の記載については、いただいたご意見も含めて検討します。
7 [お寄せいただいた意見]
7年間の「目標」が、「検討の着手をめざす」というのは消極的なので、「検討に着手する」と言い切れないのか。(件数:1件)

[市の検討結果]
無電柱化優先検討路線には東京都に整備を要請していく路線も含まれていることから、表現の修正については、いただいたご意見も含めて、検討します。
8 [お寄せいただいた意見]
東京都への早期の無電柱化の要請も、精力的にしてほしい。(件数:1件)

[市の検討結果]
都道の無電柱化については、引き続き東京都に要請していきます。
9 [お寄せいただいた意見]
17・18頁及び19・20頁は見開きで見られるように製本されたら見やすいと思う。(件数:1件)

[市の検討結果]
いただいたご意見も含めて、より見やすい構成となるよう修正します。
10 [お寄せいただいた意見]
「無電柱化優先検討路線と公共施設の関係」の項目で、図書館だけでなく、避難場所に指定されていない公共施設を全て載せたほうがいいのではないか。(件数:1件)

[市の検討結果]
いただいたご意見も含めて、避難場所に指定されていない図書館以外の公共施設についても、無電柱化優先検討路線との関係性を整理し、該当項目への追加を検討します。
11 [お寄せいただいた意見]
23頁の「区市町村の無電柱化に係る支援」に、平成30年度までに業務着手し、との条件があげられているが、本計画の策定は「業務着手」に該当するのか。(件数:1件)

[市の検討結果]
本計画の策定は、東京都の無電柱化チャレンジ支援事業制度の「業務着手」に該当します。
12 [お寄せいただいた意見]
図17において、既に終了している事業のチラシを載せるのはどうなのか。また、「無電柱化の日(11月10日)に開催される広報イベント」、ではなく、「開催された広報イベント」、とするのがより正確だと思う。(件数:1件)

[市の検討結果]
いただいたご意見も含めて、図の内容や表現について検討します。
13 [お寄せいただいた意見]
元号改正が近づいているので、本計画策定の際には、全ての箇所で西暦を併記したほうがよい。もしくは、平成の表記はいらないと思う。(件数:1件)

[市の検討結果]
いただいたご意見も含めて、西暦および和暦の併記については、全体的に統一するよう修正します。

担当課

道路建設課(電話:042-438-4054)

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ