このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

各種年金の手続き

ページ番号 104-616-945

最終更新日 2019年6月5日

次のとき、届出が必要な場合があります。

  こんなとき 内 容 必要なもの 届出先 備 考
20歳 20歳到達 第1号被保険者の加入(国民年金の加入) 年金事務所から送付された加入届出書等 市役所(田無・保谷)か年金事務所 既に厚生年金等に加入している場合は不要
第1号被保険者 厚生年金などに加入 国民年金の資格喪失届 新職場で確認 新職場 -
配偶者が厚生年金に加入し(していて)、被扶養者になった 第3号被保険者へ加入 配偶者の職場で確認 配偶者の職場 -
住所や氏名が変わった 特に届出の必要はありません 年金手帳の記載はご自身で
海外へ住所を異動した 任意加入する場合は届出が必要 保険料の口座振替の場合は金融機関等の届出印等 市役所(田無・保谷) 任意加入しない場合は、年金は異動日の翌日で資格喪失
保険料の納付が困難(一般) 保険料免除・納付猶予制度 失業を理由に申請する場合は、離職票等 市役所(田無・保谷)か年金事務所 過去2号年と1か月遡って申請できます
保険料の納付が困難(学生) 学生納付特例制度 学生証等 市役所(田無・保谷)か年金事務所 過去2年と1か月遡って申請できます
産前産後 産前産後期間の保険料免除制度 母子手帳等 市役所(田無・保谷)か年金事務所 ・出産予定日または出産日の属する月の前月分から4か月間の保険料が免除(多胎の場合は3か月前からの6か月間)
・妊娠85日以上の分娩(死産、流産、早産、人工妊娠中絶を含む)
亡くなった ・死亡一時金
・遺族基礎年金等
- 市役所(田無・保谷)か年金事務所 死亡者の年金加入歴や納付状況等によって、届出先や申請内容や必要なものが変わります
年金手帳を紛失等 再交付申請 本人確認書類(※) 市役所(田無・保谷)か年金事務所 市役所では、申請のみで交付はできません。お急ぎの方は年金事務所で
第2号被保険者 厚生年金の脱退 第1号被保険者への加入(国民年金の加入) 退職日が分かる書類等 市役所(田無・保谷)か年金事務所  
厚生年金を脱退し、配偶者の扶養(社会保険)に入った 第3号被保険者の加入 配偶者の職場で確認 配偶者の職場 -
住所や氏名が変わった 職場で確認 職場 -
亡くなった 遺族厚生年金等 - 市役所(田無・保谷)か年金事務所 死亡者の年金加入歴や納付状況等によって、届出先や申請内容や必要なものが変わります
第3号被保険者 配偶者が厚生年金を脱退した 第1号被保険者へ加入(本人及び配偶者) 配偶者の資格喪失日が分かる書類等 市役所(田無・保谷)か年金事務所 配偶者が65歳到達の場合は、第3号被保険者(60歳未満)でなくなります
配偶者の社会保険から外れた 第1号被保険者へ加入(本人) 資格喪失日が分かる書類等 市役所(田無・保谷)か年金事務所  
厚生年金に加入 第2号被保険者への切り替え 新職場で確認 新職場  
住所や氏名が変わった - 配偶者の職場で確認 配偶者の職場  
年金手帳を紛失等 再交付申請 右記に確認 配偶者の職場を管轄する年金事務所または配偶者の職場  
亡くなった - - - 死亡者の年金加入歴や納付状況等によって、届出先や申請内容や必要なものが変わります
年金受給者 住所を異動した 備考の場合以外は必要ありません   新しい住所を管轄する年金事務所 日本年金機構からの通知書を住民票の住所以外に送付希望 または年金受取り金融機関等を変更する場合は届出が必要
亡くなった ・未支給(死亡)年金請求
・遺族年金請求等
- 市役所(田無・保谷)か年金事務所 死亡者が受給していた年金の種類などで、届出先や申請内容が異なります

※申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード等)が必要です。

※保険料の納付が困難な方は下記をご参照ください。
 ・保険料全額免除制度、一部納付(一部免除)制度
 ・納付猶予制度
 ・学生納付特例制度
 

お問い合わせ

このページは、保険年金課が担当しています。
西東京市役所 田無庁舎
〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9825 ファクス:042-463-9585

Eメール:hokennenkin@city.nishitokyo.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ