本文ここから

骨粗しょう症

ページ番号 174-303-811

最終更新日 2020年12月11日

 骨粗しょう症とは加齢や体質や生活習慣などによって骨がもろくなり、骨折や寝たきりの原因になる病気です。
 予防するために必要なことは大きく分けて、食事(カルシウム摂取)・運動・日光浴(ビタミンD)・転倒予防などがあります。

栄養(バランス食とカルシウム摂取のすすめ)

 毎日三食バランスよい食事が基本になりますが、それに加えてカルシウム摂取を心掛けましょう。
 日本人の一日平均カルシウム摂取量は530mgですが、800mgが理想的です。
 カルシウムが多く含まれる乳製品や大豆製品・小魚・海藻類(しらす干し・ひじき・サクラエビ等)野菜(小松菜や青梗菜等)に加え、カルシウム摂取の吸収を助けてくれるビタミンD(鮭、秋刀魚、きくらげ、干し椎茸等)やビタミンK(納豆・ブロッコリー・ほうれん草等)を積極的に摂りましょう。
 また、インスタント食品に多く含まれるリン、過度の飲酒やカフェイン摂取はカルシウムの吸収を阻害しますので気を付けてください。

運動や家事でこまめに体を動かしましょう

強い骨をつくり、維持するためには運動することが大切です。運動することで骨に適度な負荷(圧力)がかかり、骨を作る細胞が元気に働きカルシウムが骨に沈着するからです。
 また運動することで筋肉が強くなり骨折の原因である転倒も未然に防ぐことができます。   
 運動に慣れていない方が急に運動をするとケガをする危険がありますので、まずは無理のない運動を継続して行いましょう。
 慣れたら一日30分の軽く息がはずむ程度のウォーキングがお勧めです。
 腰や膝が痛んで歩くのがつらい場合は室内でできる体操もおすすめです。
 運動をする時間がない人は日ごろの家事でこまめに体を動かし、運動量を増やしましょう。

日光浴(ビタミンD)をしましょう

 天気の良い日には一日一回は外出しましょう。日光にあたると紫外線によりカルシウムの吸収を高めるビタミンDが皮膚内で産生され骨を強くします。
 とはいっても日光はあたりすぎると老化や皮膚がんの要因にもなりますので、15分から30分くらいで十分です。
 

転倒予防の環境整備

 骨粗しょう症で一番こわいのは転倒による骨折です。転倒の原因は「つまづく」「すべる」などで、転んだときに手をついたり足がよじれたりして骨が折れてしまいます。
 骨折を防ぐためには、環境づくりも大切です。室内の段差をなくす、足元に照明をつける、廊下や階段やお風呂に手すりやすべり止めを敷く、コードは部屋の隅に通すなど、居住場所の環境整備をしましょう。

関連サイト

当市では骨粗しょう症検診を行っています。
 骨の検査はレントゲンや超音波を使って骨量を調べることにより行われます。検査自体も短時間で痛みもありません。

新規ウインドウで開きます。e:骨粗鬆症予防のための食生活 | e-ヘルスネット(厚生労働省)(外部リンク)
新規ウインドウで開きます。骨粗しょう症について(骨粗鬆症財団)(外部リンク)

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。

防災・保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号

電話:042-438-4021

ファクス:042-422-7309

お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで