このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

パラリンピック聖火リレー点火セレモニーが開催されました

ページ番号 534-218-067

最終更新日 2021年8月27日

令和3年8月23日(月曜日)に、パラリンピック聖火リレー点火セレモニーが都立砧公園において開催され、西東京市を走行予定の聖火ランナーの皆さんによる聖火の点火セレモニーが行われました。

点火セレモニーの様子

市長挨拶

池澤市長は、「西東京市の共生社会への願いを灯すとともに、新しいパートナーシップを考える機会となることを願う。」と挨拶しました。

トーチキス

当日走行を予定していたランナーが、トーチに灯した聖火をつなぐ「トーチキス」によるセレモニーが行われました。
池澤市長が第1ランナーのトーチに聖火を点火しました。

写真提供:東京2020組織委員会

東京2020パラリンピック聖火

令和3年8月20日(金曜日)に採火をした「西東京市の火」「東京都の火」として統合された後、同日夜に開催された「集火式」において、日本各地で採火された47の火と、イギリスのストーク・マンデビル(パラリンピック発祥の地)で興した火とともに一つになり、「パラリンピック聖火」が誕生しました。
パラリンピック聖火は、パラリンピックを応援する全ての人々の「熱意」を「炎」に姿を変え、東京パラリンピック大会を盛り上げます。

写真提供:東京2020組織委員会

オランダ連携プロジェクト関連リンク

ホストタウン事業関連リンク

お問い合わせ

このページは、スポーツ振興課が担当しています。
田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-420-2818 ファクス:042-420-2893
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ