このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第6回 10月8日(水曜日)に皆既月食を見よう!

ページ番号 176-493-387

最終更新日 2014年10月1日

  「菜の花や 月は東に 日は西に」これは与謝蕪村の句ですが、この時の月の形は次のうちどれでしょう?

  1. 三日月
  2. 半月
  3. 満月

 今年は10月8日(水曜日)に日本全国で月食を観測できます。最も注目してほしいのは午後7時24分〜8時24分の皆既月食中の月の色です(皆既月食とは、月が地球の影に完全に覆われる状態)。真っ暗にはならず、赤銅色となります。地球の大気によって屈折した太陽の光が影の中に入り、赤い光だけが月に届くからです。夕焼けが赤く見えるのと同じ理由です。
 月食は、太陽・地球・月の順で一列に並んだとき、つまり満月のときにしか起こり得ません。太陽、地球、月の位置関係によって満ち欠けする月は、その時々によってさまざまな表情を見せます。それを地上から見た人々は、冒頭に記したような有名な句をたくさん残してきました。皆さんもぜひ、月を見ながら一句ひねってみてはいかがですか。
(答え:3.満月)
(市報平成26年10月1日号掲載)

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ