このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第63回 地形と地名

ページ番号 923-217-673

最終更新日 2019年8月29日

 よく、住む場所を選ぶときに古い地名を調べるとよいといいます。地名に沢やくぼといった字が入っていれば水が流れたりたまったりしやすい場所、台や丘といった字が入っていれば周囲より高い場所というふうに、土地の特徴が読み取れるからです。
 ただ、実際にその場所に行っても地名ほど土地の特徴が感じられないところもあります。これは、高度成長期にブルドーザーなどの重機が普及したことで、盛り土や切り土によって平らにできるようになったことが大きく影響しています。また、川や用水の水が枯れたり、フタをして暗渠あんきょになったりしたために、地表から水の流れが分からなくなっている場合もあります。
 本市は武蔵野台地の中央に位置する平坦な地域とされていますが、細かに見れば意外と起伏に富んだ地形をしています。防災について考えるときには、ぜひ自分が住んでいる場所の地形の歴史をたどってみてください。
(市報 令和元年9月1日号掲載)

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ