このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第48回 カシワはドングリのなかま

ページ番号 785-104-485

最終更新日 2018年5月1日

 5月の端午の節句で供えられる柏餅。この柏(カシワ)の葉は、どんな木につくのかご存じですか。
 カシワは、ブナ科コナラ属の落葉低木で、ドングリが実る木の仲間です。葉の形を見るとコナラとちょっと似ていますが、サイズはそれよりも大型で、大きなものは葉の付け根から先端までが30センチメートルほどにもなります。葉が厚くて破れにくいことから、昔は調理に使ったり食べものを盛ったりする時に使われ、カシワの語源もそういう用途の葉を「炊かし葉は 」と呼んだことから来ているようです。
 カシワの木は、緑町にある東京大学田無演習林内のブナ見本林に1本生えています。平日は演習林内を見学することができるので、実際のカシワの木と葉を確かめに行ってみてはいかがでしょうか。
(市報 平成30年5月1日号掲載)

画像:カシワ餅とカシワの葉の画像

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ