このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第67回 ネズミいろいろ

ページ番号 601-719-734

最終更新日 2020年1月1日

 今年は年。ネズミというと、どのような姿を思い浮かべますか?
 私たちの身近にいるネズミは、大きく「家ネズミ」と「野ネズミ」の2つのグループに分けられます。「家ネズミ」とは、住宅やビルに住みついているネズミで、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種がほとんど。どの種類も世界中に分布しています。これに対して「野ネズミ」は森林や草原に生息する野生のネズミを指します。西東京市近辺で見られ
るのは、アカネズミとヒメネズミ。アカネズミは日本固有種で、かつては多摩六都科学館の庭でも見かけることがありました。
 高床式倉庫にネズミ返しがあったように、大昔から人間の生活の近くにいたネズミですが、意外とその姿の特徴や生態は知らないものです。干支えとにちなんで、改めて調べてみるのも面白いかもしれませんよ。
(市報 令和2年1月1日号掲載)

今年の干支のねずみ画像

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ