このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第26回 「虫」「蟲」「ムシ」

ページ番号 261-408-133

最終更新日 2017年7月1日

「虫」という漢字は、ものの形をかたどって表した象形文字です。この文字のもととなった生き物は実はヘビで、カブトムシやダンゴムシといった「ムシ」と名の付く生き物ではありません。それら小さな生き物は、虫がたくさん集まりうごめいているという意味の「蟲」という別の漢字で表されていました。
 日本では昔、地面を這は ったりその辺を飛んだりしている小さな生き物をみんな「ムシ」と呼んでいました。江戸時代の百科事典『和漢三才図会』の「蟲」という項目にはハチもムカデもカタツムリも含まれています。ところが後に西洋科学が入ってくると、生き物は形で分けられるようになりました。そして一般的に「虫」といえば、体が3つの節に分かれた6本脚の生き物=昆虫を指すようになったのです。ダンゴムシやゾウリムシなど、昆虫ではない生き物にも「ムシ」と付くものがたくさんいますが、これは昔からの呼び名の名残なのです。
(市報 平成28年7月1日号掲載)

画像:虫の時の由来

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ