このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第46回 ブルームーン!???

ページ番号 163-332-837

最終更新日 2018年3月1日

 2018年3月31日の月は俗に「ブルームーン」と呼ばれる満月になりますが、残念ながら実際に「青い月」が見られるわけではないようです。
 英語の「once in a blue moon」などは「めったにないこと」という意味で使われます。実は1カ月に2回満月があるときの2回目の満月をブルームーン」と呼ぶ人がいます。通常、満月は1カ月に1回しかありません。そもそも青い月なんてまず見られませんので、めったに起こらないことの比喩として使われているのです。次のブルームーンは2020年10月31日です。天文学的な言葉ではないため、明確な定義はありません。
 めったにないことなので、人によってはブルームーンを見るといいことがあると考える人もいるようです。青い月が見られるかご自身の目 で確認してみてください。
(市報 平成30年3月1日号掲載)

画像:3月の月のカレンダー

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ