このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第8-2回 謹賀新年 ダイヤモンド富士の話

ページ番号 175-323-823

最終更新日 2015年1月22日

 初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざ「一富士二鷹三茄子」にかけて、「ダイヤモンド富士」をご紹介します。
 富士山頂から太陽が昇る瞬間、沈む瞬間を一般的に「ダイヤモンド富士」といいます。学術的な言葉ではなく、富士山頂にまるでダイヤモンドが輝くような光景ということで名付けられたようです。そのため厳密な定義がなく、日時を特定するのは困難です。
 太陽が沈む方角は毎日変わるため、ダイヤモンド富士が見られる日時は場所によって異なります。科学館辺りでは1月7日頃の日の入り前です。この時期、太陽はだんだんと西寄りに沈んでいくので、ご近所でも毎日夕方に富士山を見ていれば、だいたいの日は予想できます。
 確実にダイヤモンド富士を見たい方は、現在科学館で上映中の大型映像「富士の星暦」をぜひご覧ください。
(市報 平成27年1月1日号掲載)

写真:ダイヤモンド富士

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ