このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第72回 地球以外の惑星に雷はあるか

ページ番号 917-764-953

最終更新日 2020年8月13日

 今年の夏は惑星がいっぱい。肉眼でもすぐに見つかる明るい惑星もあります。7月の夕暮れから夜にかけ、南の空で赤く輝くのがさそり座の恒星アンタレスですが、今年はアンタレスから東へ目を移してみましょう。もし薄曇りでも一つだけ明るい星があれば、それは木星です。そのまま東に向かって土星、火星。明け方には金星と水星まで、惑星が勢ぞろいします。なお惑星はそれぞれが太陽の周りを回っているので、地球から見るとその位置は日々変化します。つまり毎年7月に惑星大集合、というわけではないのです。
 さて、夏は雷の季節でもありますが、この雷は地球以外の惑星では発生するのでしょうか。雷とは雲(大気)の放電現象。ゆえに雲がある木星と土星でも雷が確認されています。では金星は?
 この謎を解くべく活躍しているのが探査機・あかつきです。惑星が見えても、地球の雲で見えなくても、惑星の大気に思いをはせてみてくださいね。

(市報 令和2年7月1日号掲載)

稲妻の写真

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ