このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第39回 伝統的七夕をご存じですか?

ページ番号 482-979-768

最終更新日 2017年8月1日

 七夕といえば7月7日で、もう過ぎてしまっていると思われる方が多いでしょう。しかし、今と昔では使っていたカレンダー(暦)が違うので、昔(旧暦)の7月7日を今の暦に直すと今年は8月28日になり、旧暦の七夕を「伝統的七夕」と呼んでいます。
伝統的七夕のころには梅雨も明け、「おり姫星」と「ひこ星」が頭上高くに昇り、見やすくなります。
 七夕の星を探す目印は「夏の大三角」。8月28日夜8時ごろに天頂(頭の真上)付近の明るい星3つを結んで大きな三角形を作りましょう。3つの星の中で一番明るいのが「こと座」のベガ(おり姫星)。ベガから遠い星が「わし座」のアルタイル(ひこ星)。東京では街の明かりなどで見えませんが、2つの星の間には星の集まりである天の川があります。
 東京でも見える七夕の星を探してみてください。
(市報 平成29年8月1日号掲載)


画像:夏の大三角

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ