このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第50回 タケとササ、どう違う?

ページ番号 591-385-345

最終更新日 2018年7月1日

 七夕の歌は「笹の葉さらさら〜」と始まりますが、子どもたちが願い事を書いた短冊をつるしているものの多くはタケです。このタケとササ、同じ植物なのでしょうか?
 タケもササも、イネ科タケ亜科の植物です。背が高くなるのがタケで低いのがササ、と分けたくなるところですが、きちんと種として分ける基準があります。植物の分類で注目するのはタケノコのときについている皮(鞘)の状態です。どちらも地面から生えてきた時には茎全体が皮で覆われていますが、成長するにつれてタケはその皮が落ちてしまいます一方、ササは成長してもそのまま皮が残ります。七夕飾りを見ると、ついどんな願い事がされているかばかりを見てしまいますが、短冊が結ばれた枝も見て、皮があるかないかを確かめてみるのも楽しいですよ。
(市報 平成30年7月1日号掲載)

画像:笹の画像

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ